スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子学生がセクハラ被害、芦屋大の契約職員解雇(読売新聞)

 芦屋大学(兵庫県芦屋市)で学生の就職支援を担当していた40歳代の男性契約職員が昨年、4年の女子学生(当時)からセクハラ被害の訴えを受け、諭旨解雇処分になっていたことがわかった。

 女子学生はセクハラのショックで就職活動を中断せざるを得なかったといい、「卒業後の進路決定に大きな支障が生じた」などとして、今年5月、芦屋大を運営する学校法人「芦屋学園」と男性職員に対し、慰謝料など330万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 同大学によると、男性職員は昨年1月から、就職活動を支援する「キャリア支援センター」を担当、学生に面接やエントリーシート(企業向け応募用紙)の書き方などを指導していた。

 女子学生の弁護士によると、女子学生は昨年6月頃からセンターに通っていたが、「外で指導をする」などと男性職員の自宅やカラオケ店に呼び出され、体を触られるなどの被害を受けた。センターに行かないようにしていると、電話で「家に行くから待っていろ」とどなられたという。

 同大学は昨年7月、女子学生からの被害相談を受け調査委員会を設置。同9月30日付で男性職員を諭旨解雇にした。読売新聞の取材に対し、同大学は「プライバシーにかかわるため、事実関係についてのコメントは差し控える」としている。

「植林ツアー」が人気 楽しみながら環境に貢献(産経新聞)
首相動静(6月17日)(時事通信)
歯医者でのどに脱脂綿つまらせ2歳児死亡 埼玉・新座(産経新聞)
普天間移設 「沖縄の理解なくても選定」岡田外相(毎日新聞)
決戦は水曜日 「ノー残業デー」ビジネス活況(産経新聞)
スポンサーサイト

「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」―東京地裁(時事通信)

 見ず知らずの女性を刺殺しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた無職金子正幸被告(40)の裁判員裁判で、東京地裁(若園敦雄裁判長)は2日、「反省の気持ちがみじんもうかがえない」として、求刑通り懲役10年を言い渡した。金子被告は公判で「自分は金子ではない」と訴えていた。
 若園裁判長は、逮捕時の状況などから、「被告が犯行を行ったことに疑いの余地はない」と判断。責任能力についても問題なかったとした。
 弁護側は公判前整理手続きでは争わない姿勢だったが、公判で無罪主張に転じていた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
「通訳が誤り」、一審破棄求める=裁判員裁判で実刑、控訴審
裁判員判決、最高裁で初の確定へ=第1号事件の上告棄却
裁判員対象事件の保釈急増=制度開始前の倍

閣僚席次、福島氏辞任で変更(時事通信)
民主、首相進退巡り緊迫…小沢氏と対応協議へ(読売新聞)
岡田外相、菅氏支持を表明(読売新聞)
緊急対策案で重点4課題、障がい者総合福祉部会(医療介護CBニュース)
ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)
プロフィール

ただのだいすけさん

Author:ただのだいすけさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。